2017年のこと

日頃Facebookの更新はほぼ他力本願でやっているのだが、ブログは放置されたままで雑草が蔓延ってる感じ。とりあえず昨年のことを少々・・
 
2017年は、参加させていただいている各ユニットでそれなりに演奏活動があり、そのリハやら本番が結構あってかなりのウェート感があった。ソロの方は野幌ターンアラウンドで「やぎさんの気まぐれライブ」と銘打ち日曜ごとに演奏する機会を作ってもらったが、文字通り気まぐれだからやったりやらなかったり(笑)やらないで飲んでいる方が多かったかもしれない。2013年の11月から始めたレッスンはお陰様で4年が過ぎ、生徒さんも少しずつ増えている。インターネットテレビ番組も継続出来ているし、その内容はともかく音楽をする環境としてはとても恵まれていると思う。2011年10月13日から始めた手書きの日記は今だに継続中、ブログになにか文章を書かなきゃ、という強迫観念があまりないのは毎日少しずつでも文章を書いているせいかもしれない。
 
「おじさんバンド」とか「おやじバンド」と世間で言われる活動に、よもや自分が参加するとは思ってもいなかった。少なくとも性格上人と交わることをあまり好まず、友人関係を構築出来たとしても、知らずに解消したりされたりする、結構面倒な人らしい自分。酒を飲めば暴言も吐くし、多少なりとも音楽を長くやっているので上から目線の態度も示す。そんな人間が趣味の延長みたいな場所で演奏できるのか?自分では結構いい人だと思っていたが、実はそうでもないらしい、という自覚もした。少なからず人間社会で生きている以上、人を蹴落としたり、蹴落とされたり弱肉強食は仕方のないこと、と納得し日々を過ごすしかないと思って来たし、今でもその考えは変わらずに持っている。自分の意見や思いを伝えようとすると、ついつい強引になってしまう、重々承知。それが良くないこともまた承知。変な意地やプライド、そんなの必要ないのに、その時その瞬間、自己保身の為にメンツをかけて、みたいな言動をしてしまいがち。
幸いバンドメンバーは皆さん年上なので、そんな自分を許してくれている、いや諦めて放置しているのかもしれないけどとりあえず、感謝。音楽経験の度合いで、そこに位置関係が出来てしまうのはプロ・アマを問わずバンドの必然なのかもしれない。でも絶対にそんな立場に甘えて活動を続けるのは良くない、そんな事に気付かされた2017年でもあった。
思いつく限りでも、PPMのカバー中心の江別フォークジャンブルでは”栗沢町市民センターサヨナラコンサート”、大麻えぽあホールでの”ザ・青春フォーク”、ザ・ステラというライブハウスを3年かけて手作りした清水さんと演っているステラバンドでは、昭和歌謡やオールディズ、フォーク系の内容を中心に町内会の夏祭りや”野幌元気祭”というイベント、ライブハウス「ザ・ステラ」での季節ごとのライブなどかなり多くの演奏機会があった。また、ハーモニカとボーカル&コーラスを担当しているオノカジブルースバンドというブルース系バンドは、ターンアラウンドで半レギュラー的に演奏している。
出来れば、これらの活動を継続して行きたいと思う。常に周りから望まれるような自分でありたい、そう思う今日この頃である。
 
ソロの演奏は楽しくもあり、気まぐれライブは日曜の夜なので集客に苦労する場合が多く、店主のyosshyには申し訳ない気持ちで一杯である。思えばライブ活動を始めた20代前半から集客は苦手で、お客さんのいない客席に向かって歌うことも珍しくなかった。やっぱり性格的に問題があるんだろうな、とこれまた物事は全てそこに結びついていく。でも、ま、今までのことは仕方ないと諦め、駄目な部分をこの先少しづつ改善していくしかないんだろうな、と自分を慰めて、今日もギターを背負ってターンアラウンドに向かおうとしている。
ソロでは他に大学の先生からお願いされた学園祭での演奏、介護資格取得の際にお世話になった方からお願いされた老人施設での演奏、従姉妹の繋がりで行った南幌のデイサービス、バンドメンバーとのユニットで行った施設や厚別区のイベント等々こちらも数多くの機会を与えていただいた。
 
レッスンはいろんな意味で勉強になる。うちの教室生徒さんの年上率が高く、人生の先輩方にお教えする場合が多い。全く違う人生経験をして来た方々に、それぞれの目標を設定し、それぞれご自分に納得して楽器を続けて行くモチベーションを持ってもらうことが重要。個人個人の悩みや日常生活もその世代の楽器演奏力と関わりが深かったりする。ギターとハーモニカに加え2018年からはウクレレもカテゴリーに加えた。コミュニケーションと辛抱強く繰り返し伝えることをモットーに、こちらも出来得る限り継続して行きたいと思う。
 
インターネットテレビは「のっぽろ七丁目放送局」で「のっぽろミュージックストリート」という番組が37回目の放送回を迎えた。月一回の放送なので3年経過したということになるが、一回も休まず付き合ってくれているyosshyには感謝の気持ちしかない。情報発信の場として続けることがひとつの使命なのかな、と思う。こういう場所を与えてもらえることに感謝して、枠にとらわれず楽しい番組作りを心がけたいと思う。
 
自主制作CDアルバム「レンガ色の町」を発表して10年経った。中学の同級生に嗾けられて作ったようなものだが、作品として残せたことが何より有難いと今になって思う。当時は周りから「どうしてアマチュアとしてここまでやるの?」という声もあったし、実際言い争いもした。作りたてのスタジオで小竹プロデューサーの営業に繋がればいいや、という気持ちもあったし、どっかでレコードデビュー出来なかった自分の負い目の清算みたいな分もあった気がする。
その後の10年何をやって来たかはともかく、今は七丁目放送局で「10周年記念番組」を作ろう!という話があり、小竹さんとプランを練っているところ。まずはそこからかな。
 
昨年暮れ、40年ぶりに大学のサークルでグループを組んでいた連中と飲む機会に恵まれた。変わってしまった風貌と、全く変わらない語り口(笑)時間はすぐに40年前に遡る。諸事情があって中途半端になっていたグループ、でもやっている音楽は大好きだったし、今現在自分がやりたいと思う音楽に通じている。自分のルーツと言っても過言でないと思っている。また演りたいね、という言葉が誰ともなく自然と溢れていた。また演りたいね、じゃ終わらせないよう今年はそのユニットも復活させたいと思う。ライブやろうね、絶対!
 
そんな2017年も終わり、2018年戌年還暦60歳。まだ何もやり遂げていない事実が、明日も何かをやり続ける為の理由なんだと改めて思う。
 
 
 

20171007_171008_0001

 

Img_0584

 

20246030_1891458177845021_733160540

 

2017319

 

22852220_1752261068412879_655441898

 

26231108_394820837643574_37021153_2

 


| | コメント (0)

Liveはいいね♬

お気に入りの店野幌ターンアラウンド、自分も歌わせてもらうが、様々なミュージシャンがライブをしに訪れる。この3月は店主yosshyが絡んでいる3つのライブを聴きに行った。もともとフォーク・アコースティック人間の自分には縁遠いジャンルの音楽なのだが、ミュージシャン達の演奏はやはり興味深いし、聞いていて心地よい。こんな風に演奏できたらいいな、と誰もが思う演奏を、その刹那、瞬間的に感覚とか才能といった能力で音を紡ぎ出してゆく。羨ましいと思っているのは、自分だけではない筈。

 
ムツゴロウとゆかいな仲間達という番組が昔あった。1980年から2000年頃にかけて放送されていた番組で、家族でよく観ていた。そのスタッフの藤本さんがエコーズという名義でライブ活動を行なっており、ターンでの演奏を聴いた。直球勝負のブルース、動物を主題にした歌詞、セッションで成り立つ自由なサウンド、とても楽しいライブだった。ライブ終了後なんとなく帰りそびれ、近くに宿を取っていらっしゃった藤本さんと夜更けまでお話しさせていただいた。ほぼ同年代、ハーモニカプレイヤー八木のぶおさんの話、yosshyと藤本さんのブルース談義、ワインを飲みながら至極の時間。動物達のエサ代になるというポストカードと、八木さんを全面フィーチャーした藤本さんのアルバムを購入し、かなりミーハーになってサインをいただいた(笑)
 
藤本さん素敵な時間をありがとうございました。
 
4月もターンアラウンドではすごいライブが目白押し!詳細はのっぽろ七丁目放送局「のっぽろミュージックストリート」やyosshyのブログ等でご確認ください♬
 
 
さて、やぎさんの気まぐれライブ、4月もバンド練習日2日と9日に行う予定です。16日はターンでバンドのライブ。その後は気まぐれなので未定ということで♬
 
 

Img_1924

 
 

| | コメント (0)

やぎさんの気まぐれLive

この2月から「やぎさんの気まぐれLive」を、いつもお世話になっているギタリストyosshyの店野幌ターンアラウンドでやってます。気まぐれなだけに、いつやるかは未定なんですが、一緒にやっているオノカジブルースバンドの練習日についでに、という形でスタートしてみました。

 

ソロライブは2013年の秋口に、近所の焼肉後楽園で2~3回演らせてもらって、年末江別のども興行にガッちゃんと出たきり。3年かかったんですね、重たい腰を上げるのに。

 

2月5日と12日の日曜日に演らせてもらいましたが、まだまだリハビリ状態。レパートリーの確認やキーの調整等々作業は山積み。2016年の前半、自分の存在意義を確認するように曲を作り始め、手直ししながら6曲のストックができました。今も手直し作業は続けていますが、そんなオリジナル曲も毎回歌っています。

 

大好きなターンアラウンドで演奏できることが幸せだし、50代最後の年にまたひとりで歌い始められたことが感慨深く、いつまで続けられるかわかりませんが、気まぐれに任せてゆるくやり続けたいと思ってます。

 

不定期ですが、基本的にライブやイベントのない日曜の夜は演奏するようにしたいと思います。20時か21時頃から、気が向いたら寄ってみてください。いい店ですよ、マスターのyosshyも気さくで気取らないいい男。ギターの話をしだしたら止まらないし(笑)

 

待ってます♬

 

 

2

 

6

 

13

              写真撮影 江別「スタジオあんぐる」2017.2.5

 

 

 

| | コメント (0)

なつかしい人たち

なつかしい人たちがこのブログにコメントを寄せて来た。大学時代同じサークルでバンドを組んでた連中。エルシーというアコギ男3声のハモりとベースの4人編成。ガロやCSN&Yのコピーや自分が作ったオリジナル曲を演奏してた。

 
今、同年代のメンバーでコーラス主体のユニットをいくつか組ませてもらってるけど、自分の原点は大学時代のエルシーにあると思っている。そんなに綺麗でもないんだけど、ハモった時にうねりというか鳥肌がたつような感覚を覚えたのを今でも忘れていない。
 
こうやって昔の仲間から連絡が来て、とりあえず自分は生きてて、音楽続けてて、会いたいと思える感情を持てることをしあわせに思う。決してそれが当たり前のことではないし、40年も経てば紆余曲折があり、会うに会えない状況があっても不思議ではない。
 
大学時代の同じクラスの連中とも繋がりを持たせてもらっている。学校を出て音楽に身を窶し、一切の友人関係を遮断してしまった自分を、ある時「みんなで集まるから来ないか?」と誘ってくれた。嬉しかった。行くのを躊躇したけど、時が解決してくれるって本当なんだな、と実感した。
 
明日はコーラスユニットで演奏がある。とある施設の秋祭りらしい。野外ステージ、天気予報は秋晴れ快晴。仲間と演奏できることに感謝して、存分に楽しませてもらおうと思う。
 
 
 

Sa

 
 
 
 
 

| | コメント (7)

あしたは・・・

あした、というか今日というか、7月3日(日)江別市民会館大ホールで行われる「第38回えべつ女性協まつり」というイベントに、ピーター・ポール&マリーのカバーバンドで参加します。出番は15時過ぎ。朝10時から様々な団体がダンスや歌を披露♬その最後に演奏させていただきます。

 
「風はみどり」という江別の歌も会場の皆さんと一緒に歌う予定。この曲、江別百年を記念して作詞山川啓介、作曲いずみたく、歌デュークエイセスという豪華な顔ぶれで昭和53年に作成された曲とのこと。覚えやすくてとてもいい曲です♬
 
お時間ありましたら、どうぞ♬
 
 
 

Ppm

| | コメント (6)

この頃のこと

明日、江別の隣町南幌町の老人施設で歌わせていただく。ひとりでなんかやるのっていつ以来だろうか。最近バンドでハーモニカ吹いたり、おなじみのYosshyにギター頼んだり、フォーク系のグループでコーラス楽しんだりで、ひとりは久しぶり。

1時間の予定なので機材、ギター2本、ハーモニカたくさん、ウクレレと相当な荷物になりそう。家の中は持っていく機材や楽器で散乱中(笑)でも、みなさんに喜んでいただけたら、そんなの何てことない。

 

 

週末6月12日(日)には野幌ターンアラウンド恒例「題名のないバンド発表会Vol.4」。出場4バンドのうち2バンドに参加。

 

その次の日曜6月18日は江別外輪船で「音楽工房Player’s Place 60th Live」いつものようにMCとOnoKajiBluesBandでハーモニカ。

 

肩に力を入れず、音楽ができているのは、周りの温かいみなさんのお陰。

ありがたいことです。

 

Facebookもブログも滞りがちですが、それなりに元気です(笑)

 

ボチボチやってます。

どこかでまたお目にかかれたら幸せです♬

 

 

 

 

Img_1779

 

 

 

13346676_1095053130584115_154579129

 

 

| | コメント (4)

猫と言っても、あのニャーというネコではなく、1970年代に活躍したフォークグループの話。吉田拓郎のバックバンドを務め、「雪」「地下鉄にのって」などのヒット曲があります。昔、ボーカルだった田口清さんを大好きな人がいて、影響され、どれどれと聞いてましたが、当時は拓郎、陽水の全盛期で別に大きな感銘を受ける程ではありませんでした。ちゃんと聞いてなかったというのが本当のところ。

 

 

その頃って今のようにYoutubeやネットで気軽に音楽など聞ける環境もなく、聞きたければ少ない小遣いからレコードを買うか、カセットテープに録音したものを借りるか、ラジオでオンエアされたものをエアチェックするか、自由に音楽を聴くなんて考えられなかった時代です。その方からカセットか何かを借りたような気もしますが、ほぼ印象に残っておりません。

 

 

もう随分前ですが、サラリーマン時代に懐かしくてCDのベスト盤を購入し、何度か聴いて懐かしく思ったりしてました。今回何気に聞きなおしてみたら、懐かしさとは別に、音の暖かさやバンドとしてのまとまり、楽曲の良さに40年という月日の流れを超えて新たな発見をした感じ。

 

 

2007年に自分達が作った「レンガ色の町」のアルバムコンセプトは「昭和の音楽」でしたが、まさに猫のサウンドはこれにピッタリ。デジタルではなく、アナログで、人間が演奏している音楽。録音機器や音楽を聴く環境はどんどん進化し、変化していきますが、移り変わるものとは別に根底に流れる「人間がやっていること」たる音楽を大事にしていきたい、と、改めて感じさせてくれる”猫”に嬉しい再会を果たしました。

 

 

ボーカルの田口清さんは1991年、42歳の若さで事故でお亡くなりになったそうです。優しくて甘く切ない歌声はいつまでもアルバムの中に残され、いろんな人たちの記憶の中に思い出として生き続ける。その人が生きた証でもあるんですね、きっと。

 

自分の歌や楽曲もそんな風に残っていってくれればいいな、なんておこがましくも思う今日この頃です。

 
 
 

Neko

| | コメント (2)

トラウマ

2016年1月、とある新年会で歌わせていただいた。町内会の集まりということだったが、ステージのあるホールで円卓もかなりの数が並べられており、小規模なディナーショーみたいな雰囲気だった。このところよく一緒に演奏する吉岡くんと楽しく、ゆったりといつもの調子でライブを進めていたその時、明るい客席を横切っていく一人の男性に視線が釘付けになった。お酒のお代わりを取りに行くのであろうその人は、こちらのことなど構わず、食事を楽しんでいるように思った・・・
 
 
 
その人は、数年前その人の小屋で歌わせていただいた時に「お前の歌はなっとらん、発音は悪い、作る曲は古い、声も出ていない、伴奏のヴァイオリンも歌を活かしきれていない、出直してこい!」と酷評していただいた正にその人だった。精神を破綻して会社を辞め、立ち直りかけて歌い出した頃の自分にはあまりにも大きな”トラウマ”だった。会社でプライドや人格までズタズタボロボロにされ、全ての提出物や意見を否定され続けた自分にとって、歌を否定されることはあまりにも悲しいことだった。いい気になって歌ってんじゃないぞ!という罵声だったのかもしれないし、もっと頑張れ!という𠮟咤激励だったのかもしれない。でもその時の自分にはそれを受け止めるだけの心の余裕が全くなかった。
 
 
それ以来、歌うことが怖くなって歌わなくなった。ヴァイオリンの子とも疎遠になった。ハーモニカでのバッキングやライブのMCは受けたが、歌うことは極力避けていた。
 
 
MCを務めていたライブを見てくれた今の仲間たちと心が通じ合い、ライブハウスのオーナーである吉岡くんを中心にバンドを組んだり、彼と二人でちょっとしたイベントで歌ったり演奏したりするようになり、これがとても良いリハビリになった。
次第に歌うことの楽しさ、喜びが感情として戻って来るのがよくわかった。音楽好きの喫茶店のマスターに誘われ、PPMのコピーバンドも組ませてもらった。一度やりたいと思っていたコーラス中心のグループで歌う、さらに歌うことの楽しさが蘇ってきた。「やっぱり自分は歌うことが好きなんだな」と思った。
 
 
 
 
・・・そしてその人はグラスを片手に自分の席に戻り、我々の演奏を最後まで聞いてくれたようだった。演奏が終わりその人の席まで挨拶に行った。「ご無沙汰しています、今日はありがとうございました!」するとその人は大きな手を差し出し握手を求めながら「お前がんばってるんだな、良くなったな、ハーモニカもいい!、今度ウチで演る時は今日の感じでやってくれ」という言葉が返ってきた。嬉しかったのか、ただただホッとしたのか、良く覚えていない。
 
 
会社を辞める日、挨拶に行った通路の先に自分を壊した男を見つけた時、そのまま進んで「お世話になりました、ありがとうございました」と頭を下げた。ほんの一瞬彼は怯んだように見えた、気のせいだったかもしれないが、そう思う事にしている。
 
 
何か要因があり落ち込んだり、病んでしまうこともあると思う。現代社会に生きる人間としてそれは特異ケースではなく、そんなに珍しい事ではないと思う。たまたまその要因がその人にとって許容範囲を超えてしまっただけのこと。ストレスはこうすれば解消できる、運動やジョギングが大切です、偏った栄養ではなくバランスのとれた食生活をしよう、いいサプリや薬があります等々、おびただしい数のネットや本によるその手の対処法が示されている。どこまで本気で言ってんだ、と思う。心の問題を解決するその場しのぎの対処法など絶対にない。
 
 
 
結局、問題を解決できるのは自分しかない。相手に向かっていったり、自分の気持ちや行動を変えることも一つの解決策だと思う。無論簡単にできることではない、気持ちの切り替えに多くの時間を費やしてしまうだろう。ただ、そこから抜け出さない限り、問題はいつまでたっても解決しない。
 
 
 
明日また何かのきっかけで落ち込んでしまうかもしれない。ストレス社会と言われる闇である。そうなった時はそうなった時、しばらくそこでじっとして息を潜めて、心の回復を待つことにしよう。そしてその要因に少しずつでも向かっていく勇気を持ち続けていたいと思う。
 
 
 
 

Img_1437

 

 

 

| | コメント (0)

なんやかやと

なんやかやと声を掛けていただき、演奏の機会に恵まれております。歌ったり、ギター弾いたり、ハーモニカ吹いたり、自分の歌、懐かしいフォークソング、女性シンガーのサポート演奏、ブルースロックバンドのハーピストと多面的な活動が出来る幸せを噛み締めております。

 

ざっとスケジュールを♬

 

◆9月20日土曜日「江別カルタで辿る江別物語2015」13:00~15:30 アートスペース外輪船 入場無料

*14時過ぎから30分ほど歌わせていただく予定です。いつものようにYosshyこと吉岡祥一くんがギターでサポートしてくれる予定です。ひょっとすると他にもゲストが♬

 

◆9月23日水曜日(祝日)「Heart Full of Folk」16:00開演 江別市コミュニティセンター 1,000円

*PPM(ピーターポール&マリー)、赤い鳥、アリス等1960年~1970年代のフォークソングをお届けします。野幌にある「豆工房 小林珈琲店」のマスターご夫妻を中心に江別に所縁のあるメンバーが集結!休日の午後、珈琲を飲みながらゆったりとした時間をお過ごしください。

 

◆9月27日日曜日「江別市文化協会創立50周年記念第6回総合芸術フェスティバル」江別市民会館 500円

*江別在住女性シンガーソングライターSAMIさんのサポート。ギター、ハーモニカ&バッキングヴォーカルを担当します。

 

10月も「エイベッツバンドカーニバル」でSAMIさんのサポート、「Player’s Place」でONOKAJI B.Bとしての演奏などを予定しております。詳細はまた後日♬

 

 

 

Photo

 

 

| | コメント (2)

人が集えば文殊の知恵袋講座

ご紹介いただきました♬

 
 
 

| | コメント (0)

«♬